Handling of the product商品取扱について

ゴールデンミーン製品使用上の注意について

ロッド取扱上のご注意

  1. ロッドに表示されているルアーウエイトは必ずお守り下さい。
    • 表示されているウエイト以上のルアーを使用されると、ロッドに過剰な負担がかかり折れる場合がありますのでお止め下さい。
  2. ラインは必ず全てのガイドに確実に通してご使用下さい。
    • ロッド本来の性能を発揮するために、必ず全てのガイドにラインを通して下さい。
      通し忘れた状態で使用すると性能が損なわれるだけでなく、破損の原因にもなりますのでご注意下さい。
  3. ラインが絡んだ状態で使用しないで下さい。
    • ロッドやガイドにラインが絡んだままで使用されると、その一部分に負担がかかり折れる場合がありますので、必ず絡んだ部分をほどいてから使用して下さい。
  4. 垂直方向への荷重はかけないで下さい。
    • ロッドを立てて垂直に下万向へ荷量をかけると、ロッドの一部分に極端に荷重が集中し.破損の原因となります。
      ロッドのアクションを見るために片手にライン.その逆の手にロッドをもって、ラインを引っ張ってのロッドの曲げ、
      魚とのやり取りや抜き上げ.またルアーやオモリの交換時にも十分にご注意下さい。
  5. キズや衝撃に気をつけて下さい。
    • 使用中、ロッドを岩やコンクリートなど堅い物の上に置く場合は、ロッドにキズが付かないように十分にご注意下さい。
      キズが原因で折れる場合があります.また、通常使用時はもちろん、運搬,ポート走行時などの衝撃にもご注意下さい。
  6. 改造や分解などはしないで下さい。
    • ロッドの改造や分解は、本来の機能を損なうだけでなく破損の原因にもなります。
      またアフターサービスが受けられません。
  7. リールの種類によっては、リールシートに合わないものもあります。
    • 本製品のリールシートは、できるだけ汎用性の高いものを使用していますが、リールフットに共通規格がないため、場合によっては合わないものもあります。
      予め諸事情をご理解の上、ご了承下さい。
  8. リールシートの締め付けすぎにご主意下さい。
    • リールシートを締め付けすぎると、リールシートからリ一ルが外れなくなったり、リールシートが割れたりするなど壊れる恐れがありますのでご注意下さい。
  9. ロッドを束ねる際にご注意下さい。
    • ロッドを束ねて持つ場合、締め付けすぎにご注意下さい。ガイドの変形や、ブランクスに傷がついて折れる原因となります。十分ご注意下さい。
  10. ルアーが何かに引っ掛かった場合ご注意下さい。
    • 根掛かりした時(釣糸、仕掛けが引っ掛かり外れない状態)は、ロッドをあおらず糸を手にとって切るようにして下さい。
      ロッドを無理にあおりますと折れる原因ともなり、けがをする恐れがありますのでご注意下さい。
      また、糸を手に取る場合は、糸で手を切る場台がありますので手袋やタオルで手を保護して下さい。
  11. ロッドの継目の合わせにご注意下さい。
    • 継目を合わせる時、強引に合わせますと、ロ割れ、固着の原因になります。
    • ロッドの継目部分は、ゆるむ事もありますので・時々確認して下さい。ゆるんだまま使用するとロッドが折れる恐れがあります。
    • 継目を斜めに引き抜くと、継ロを傷つける(割れる)場合がありますので、まっすぐに抜いて下さい。
    • ロッドの固着(継ぎ部分が食い込んで外れないとき)は、継目の両側近くに滑り止めを当てて握り、逆方向にヒネリながら引き、継目をゆるめて下さい。
      この際一気に力を入れると、繕口を破損する恐れがあり表すので、注意しながら徐々に力を入れて下さい。
    • ロッドの継目部分は、絶対に加工しないで下さい。
    • インロー継ぎは、機能上ゆるみ防止の為に数ミリ前後あくように設計されていますので強引に挿入しないで下さい。(ロ割れ、固着の原因になります。)
  12. その他ロッドの注意点。
    • 現在のロッド生産技術上、グラス、カーボンなど素材の違いを問わず、各部分に発生する曲りを100%排除することは不可能です。
      特にカーボンロッドでは、繊維自体の持つ強い剛性のため、ロッド全体の垂れ下がりが少ないので、グラスロッドに比べ曲りが目立ちますが、強度機能上は問題ありません。

お手入れ・保管方法

  1. 使用後のお手入れについて。
    • 便用後は、濡れたままにせず水分を柔らかい布等で十分に拭き取ってから保管して下さい。
      汚れのひどい場合は、ゴミなどを取り除いた後、石鹸水と柔らかいスポンジなどでキズが付かないように軽く拭き取る感じで洗って下さい。
      タワシなど堅いもので洗うとキズが付きやすいので使用しないで下さい。
      また、シンナーやクレンザーなどは塗装面を傷める原因になりますので使用しないで下さい。
  2. 海水で使用後はすぐに塩分を洗い流して下さい。
    • 海水で便用された場合、錆などを防ぐためにできるだけ早めに真水で十分に塩分を洗い流し、乾いた柔らかい布などで拭き取って下さい。
  3. 高温多湿になる場所に放置しないで下さい。
    • 直射日光のあたる場所や、車内やトランク内などはかなりの高温となり様々なトラブルの原因となりますので放置は絶対に避けて下さい。
      グリップの変形や、ブランクのそり(曲がり)などの原因となりますのでこ注意下さい。
  4. 直射日光の当たらない風通しの良い場所に保管して下さい。
    • ロッドは長く特に先が細くなっているため、お子様の手の届く場所や人の出入りの激しい場所などは避け、直射日光の当たらないできるだけ風通しの良い場所に保管して下さい。
      また、ロッドが曲がったままでの保管はおやめ下さい。
      プランクのそり(曲がり)の原因となりますのでご注意下さい。

使用上の注意

  1. 危険/電線による感電にご注意下さい。
    • 高圧線・架線・電線による感電にご注意下さい。素材特性上、電気をよく伝えます。
      したがって電線等に接触すると感電する恐れがあります。
      場合によっては死亡事故につながります。特に高圧線の下では絶対に使用しないで下さい。
      高圧線の場合、近寄っただけでも高圧線から放電し感電する場合があります。
      釣場以外の場所で釣竿を使用し電線に触れる事故が発生しています。釣竿を使用するときは周囲の安全に充分こ注意下さい。
  2. 危険/落雷による感電にこ注意下さい。
    • 落雷による感電にご注意下さい。使用中、雷が発生した時は、ただちに釣りを中止し釣竿から離れ安全な場所へ避難して下さい。
  3. 警告/キャスティングの際は周囲の安全を確認して下さい。
    • 投げるときは周囲に人がいないか充分に安全を確認して下さい。釣針、ルアー、オモリ等が当たると非常に危険です。
  4. 注意/釣竿を使用する際はサングラス等で目を保護して下さい。
    • 釣竿が折れて破片が目や頭部に刺さると危険です。釣竿を使用する際にはサングラス等で目を保護して下さい。
  5. 注意/ルアーが何かに引っ掛かった場合のご注意。
    • 根掛りした時(釣糸、仕掛けが引っ掛かり外れない状態)は、釣竿をあおらず糸を手にとって切るようにして下さい。
      釣竿を無理にあおりますと竿が折れてけがをする恐れがあります。
      また、糸を手に取る場合は、糸で手を切る場合がありますので手袋やタオルで手を保護して下さい。
  6. 注意/釣竿が折れた場合のご注意。
    • 使用中、万一釣竿が破損した場合、折れた箇所は非常に危険ですので触らないようにして下さい。
      けがをする恐れがあります。
  7. 注意/釣り以外の用途に使用しないで下さい。
    • 本製品は釣りの目的のために作られています。釣り場以外の人混みの中や、狭い屋内などでは大変危険ですのでご使用をお止め下さい。
  8. 注意/お子様の手の届かないところに保管して下さい。
    • 釣竿の先端は特に細く危険です。付属の袋などに入れて、お子様の手の届かない場所に保管して下さい。