BLOGブログ

GMリールストリンガーメンテ術

こんにちは。山内勝巳です。

 

 

そろそろシーバスも本番と言う事で小物のメンテ術を紹介します。

今回は「GMリールストリンガー」のメンテ術。発売当時に個人ログでUPしましたが改めて現状も踏まえご紹介。 

 

 

 

 

 

発売前より実釣テストで過酷な状況下での使用を求められ約2ヶ月半ほど「簡単な水洗い」だけで使用したのがコレ

※テストの間、釣行回数は数知れず(^_^)v

12

基本的に使用には問題無いのですが、かなり良い感じに仕上がったので各箇所の

「汚れ(潮)落とし」と「グリスアップ」を行います。

 

 

 

 

まずはリールではメカニカルブレーキノブと言われるメインキャップを開けてみる

「左が開けた直後」で「右が簡易的な錆や汚れ落とし」の画像。完璧では無いけど結構良い感じと思う♪

34

                                                               Before→→Aeter

 

 

 

続いてはメインスプールの裏側/内側...

おぉ~錆が浮き出てます!さすがに簡単な水洗いだけの2ヶ月半では錆も出まくり(^^ゞ

同じように錆と汚れを、落とせるだけ落とします。

78

                                                              Before→→Aeter

 

 

 

 

続いてはストリンガー本体の裏側を解体しますよ~

まずはステイを取り外します。ステイは六角ナット(2.5mm)専用器具で外せます。

※僕のは潮で腐食してませんでしが、ここも潮が付いているとハズシ難いので前もって潤滑油を付けておきます。

910

 

 

 

 

ステイを外すし、次はドラグ調整ノブを外します。

※ここ最大の注意点の一つです!ドラグノブ取り外しネジは時計回転です!

11

外すと、やはり錆と潮の侵略が!!...しかし負けません!!綺麗に汚れをふき取り注油します。

1213

                                                               Before→→Aeter

 

 

 

 

ドラグワッシャーも結構な仕上がり。これも汚れ取り&潮抜きします。

141516

 

 

 

 

 

最後に潮が入りにくいように、まんべんなくグリスアップします。

17

ここまできたら、いままでの各パーツを組み上げて完成です。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5805

いかがでしょうか?僕は定期的に簡単メンテを行っており、今でも現役バリバリで使用してます♪

皆さんも是非、本格的な釣行前には一度お試しください。

「潤滑油」や「グリス」「潮抜き」などの商品はホームセンターでも揃いますが、釣具屋さんで揃いますよ~

リールメンテグッズコーナーで、だいたいそろいます (^^)b

勿論、メーカーでもメンテは受けてくれますので、メンテで限界を感じたらメーカーに修理を出すのも良いかもですね。

 

 

 

 

 

 

x6x8p26p3bmvcpbmh3pz_480_360-16da0400

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014-10-28お知らせ
CATEGORY
BACK NUMBER