BLOGブログ

アウトレンジテスト~新しいアイテムが攻略幅を広げる~その2

こんにちは山先亮一です。2015!年も明けましたね!!

今年も皆様にとって良い年でありますようにWWW 

 

 

 

 

前回書き足りなかった事を書き込んじゃいます(^^)v

アウトレンジベイトモデル最終画像を開発より送ってもらいました。

orc (1)

orc (4)orc (5)

格好良い~の一言です(ToT)

雰囲気がガラッと変わってベイトモデルとの違いが明確化されてます。

気づきました?ベイトモデルは3アイテム。しかも品番の後には「LTD」の文字。

...リミテッドって書いてますやん!

レングスは「72」「77」「88」と、僕の持っているのは「77」。う~ん他のアイテムも気に成る!!

まぁ~そんな事言っていても仕方がないので、最終プロトが出来た時点からの釣行レポートを(^^ゞ

 

 

 

 

 

 

 

最終プロトは、細かな仕様は全てクリアされて出来上がってますので、イメージ通りの釣りを冬季に合わせて行います。

時期的に僕の地元も本格的なビッグベイトを多用でき、釣れたら「ブリブリ」のターゲットも望めるので

最終テストには申し分無し!

この時期の潮も見定め、夜間を中心に実釣しました。...メチャクチャ寒いですがね(^^ゞ

アウトベイト (2)アウトベイト (1)

R0012947R0012970

写真 1写真 2

怒涛のように毎日釣りまくります!

アウトベイト (3)

最終テストには申し分無い実釣り!!...我ながら良くやったと思います!!

年間通してベイトタックルと向き合う年に成ったんですが、ベイトタックルでの特性?も自分なりに見えたような気もします。

 

 

 

 

 

ブン投げるだけなら8ft越えのブランクスで十分だし、ビッグベイトだけを主要におくならパワー重視でも良いし

...でも、年間通してのベイトタックル(ビッグベイト)の重要性?を考えると

「フィールド」「適材適所な柔軟性アクション」「必要なパワー」ブランクスのテーパーは何に適しているのか?

ティツプのアクションは?バット部は?

単に「張り」があるだけで良いのか?

グリップ回りのさばきやすさは?

ヒットさせてからのシーバスの口元(身切れ)は大丈夫なのか?

いやいや、ラインから考え始めないと...etc 

と、い~ろいろ考えて、開発に投げかけて納得出来る一品に近づけれたのではないかと思ってます。

 

 

 

 

 

もちろん、完成されてからの見直し的、新たなる発見も楽しみな一つです。

皆さんに触ってもらえるのは2015FショーOSAKAが最初だと思いますので、是非GMブースで触って下さいね。

 

 

 

 

 

 

【タックルデーター】

ロッド:OUTRANGE ORC-77LTD/BIGBAIT

スペック:ルアー/14g~85g  ライン/1.5~2.5(PE)/14~25Lb

ライン:ナイロン20Lb(リーダー:ナイロン40Lb)

ルアー:140mmミノー(28g/32g) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015-01-02テスター
CATEGORY
BACK NUMBER